• yumeka20190901

【ゆめかの日常】~お仕事編~

令和4年4月より、訪問看護ステーションゆめかに、

【言語聴覚士(ST)】が在籍することとなりました。


そこで、STさんにインタビューを行いました。

前・後編でお届けします。


【前編】


■言語聴覚士になろうと思ったきっかけはなんですか?


言葉が話せなくなると言う現象のメカニズムに興味があり、

リハビリの職種であるSTを選びました

私がSTの学校に入学する頃は、まだ国家資格ではありませんでしたが、

これからの職種だと思いました。


■言語聴覚士としてご利用者様との印象的なエピソードを教えてください。


言語聴覚士は、嚥下(飲み込み)の訓練を担当します。

大変美食家の方が誤嚥による肺炎で胃ろうになり、

絶食状態で生きる意味がないと落ち込まれていました。

リハビリをスタートし、少しずつ食べられるようになりました。

訓練開始から約1年後、お仲間が全国から美味しいものをお取り寄せし、

バイキングを開催して楽しんだ時は

STとしてお役に立てたなと嬉しくなりました。

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ご利用者様へのご自宅訪問には、自動車・自転車の他に、 原付バイクを使用します。 今回は、通勤時にも原付バイクを運転するNさんにインタビューを行いました。 ■原付バイクを運転するときに気をつけていることはありますか? 例えば、国道や幹線道路はココを注意している。などありますか? 原付きバイクですので二段階右折やスピード違反がないように気をつけています。 ■ご訪問は住宅街が多いと思いますが、その時はど

今週の勉強会の担当はHさんです。 テーマは、『NIHSS』 ■このテーマを選んだ理由を教えてください。 脳卒中の超急性期に使われる評価なのですが、 在宅でも発症直後を見ることがあったり、 一つひとつの項目は在宅でも使える評価なので、選定しました。 ■今回のポイントを教えてください。 評価項目が11項目あって、 在宅で活用できそうなものをピックアップしました。 ■その評価にあわせて、主治医の先生に報

看護管理者の岡﨑さんにインタビューを行いました。 令和4年1月14日に芦屋市呉川町に「訪問看護ステーションゆめか芦屋」を新規開設し、看護管理者をさせていただいている岡﨑圭一郎と申します。 ■ゆめか芦屋が開設して、2ヶ月が経ちました。現状いかがですか。 開設時から、地域の皆様や居宅介護支援事業所のケアマネージャー様、在宅医の先生方にまずはゆめか芦屋の存在を知っていただけるようご挨拶回りを行っています