top of page
  • yumeka20190901

救急車有料化のニュース

全国の救急車の出動件数が増え続ける中で、三重県松阪市が6月から市内の3病院に救急車で救急搬送された患者のうち、入院に至らなかった軽症患者から7,700円を徴収するという記事を目にしました。

無駄な出動を減らせる、重症患者の搬送をスムーズにする、救急医療の負担軽減になるなどメリットはありますが、有料化にすることで救急車が本来必要なケースでも利用を躊躇してしまうなどのデメリットもあり、賛否両論あります。

救急車を呼ぶべきか迷うときに相談できる窓口もあるので、サービスを周知していくことも重要だと感じました。一部地域では♯7119(救急安心センター事業)があり、西宮市は健康医療相談ハローにしのみやがあります。救急車を呼ぶべきか迷ったとき、休日・夜間に受診するべきか迷ったときに相談できる窓口があると知っておくことは大切だと思いました。

閲覧数:15回0件のコメント
bottom of page